通常のウォーターサーバーの水は利用できない

通常のウォーターサーバーの水は利用できない

ウォーターサーバー会社に、水だけは注文できますか?と聞いて見ると、大抵は断られます。サーバーに水をセットした上で、初めて水の品質が管理できるような構造だからです。水の注ぎ口は下に付けられており、水が通ると空気は入らないように作られています。これをそのままサーバーを通さず利用してしまうと、水ボトルの中に空気が入ってしまう可能性があります。
また、ウォーターサーバーに水ボトルをセットした状態でも、常温では使用しないよう注意を呼びかけている会社が殆どです。電気代がかからず便利ですし、常温の水しか使わないのであれば、そのほうが良いように感じられてしまいます。しかし、ウォーターサーバー用に作られた水は、水道水のように消毒用のカルキは入っておらず、本来は腐敗しやすい水なのです。常温で利用すると水の品質低下を招く恐れがあり、禁止されています。
通常のウォーターサーバーでは、冷水も温水も水が腐敗しないつくりです。温水だけが殺菌力があるのではなく、冷水も菌が繁殖しないよう電源を入れています。サーバーとセットで使うことが前提になっている商品を、水だけ売ってくれませんか?と聞くのはちょっと無謀かもしれません。